コーヒーダイエットのときの食事

コーヒーダイエットのときの食事

コーヒーダイエットをスタートして、痩せるために脂肪の燃焼を活発にしているから「あとは、放っておいて大丈夫」という考え方には気をつけましょう。

 

褐色脂肪細胞の働きを活発にして脂肪の燃焼を促すことで痩身効果を期待するコーヒーダイエットですが、他のダイエット方法と同様に、やはりそれだけで見る間に痩せ細っていくという性質のものではありません。

 

コーヒーダイエットは1日4〜5杯のコーヒーを飲むのがルールですが、同時に食事にも気をつけることが健康的に痩せるために重要なポイントです。

 

いくらコーヒーダイエットで体の脂肪を消費しやすくしても、栄養バランスの偏った食事を摂っていたり、カロリーを摂り過ぎたりと、きちんとした食事をしていないと上手に痩せることはできません。コーヒーダイエットをしているとはいっても特に食べていけないものはないので、ごく普通のバランスのよい食事を心がければ良いのです。

 

誰もが手軽に始められるコーヒーダイエットは、食後のタイミングでコーヒーを飲むのがよいと言われています。ところが、なかにはもっと注意深くコーヒーダイエットを行なったほうがよい体質の人もいます。ひどい貧血の症状を持っている人は、食後すぐにコーヒーを飲むのは避けたほうがよいでしょう。なぜなら、コーヒーに含まれるタンニンが、鉄分の吸収を妨げる働きをもっているからです。

 

コーヒーダイエットによいとされているのは浅煎り豆のコーヒーですが、浅煎りのコーヒーにはタンニンが多く含まれるので、日頃から貧血が気になっている人は深煎りのコーヒーを選ぶとよいでしょう。